ホーム > 採用情報 > 葬祭事業 > 先輩スタッフの声

先輩スタッフの声

葬祭スタッフ 

倉部 里緒

先輩スタッフにインタビュー

【【入職したきっかけ】】

葬儀の専門学校で学んでいた事もあり、就職活動は葬儀社に絞って探していました。分業制の会社が多い中、打合せから施行まで一貫して担当する「一葬儀一担当制」に魅力を感じ、当会を志望しました。
その他にも、社会人として必要な基礎研修から、葬儀担当者になる為の社内試験など、新規職員のフォローがしっかりしているところが良いところだと感じました。
また、葬祭業界はお休みが取りにくいイメージを持っておりましたが、休日(年休含め)をしっかり取得できるところも東京福祉会を選んだ理由の一つです。

【【今現在の仕事内容】】

2年間葬儀の専門学校で学び、当会に入職しました。配属後は先輩方に同行しお式の流れやご遺族への対応など、現場での知識や動きを学ばせていただいています。
また、お式が滞りなく進行できるように、必要なものが必要な時に必要な分きちんとあるかを確認するといった、準備と確認も葬祭スタッフの大切な仕事の一つだと思います。

【【仕事の魅力・やりがい】】

葬儀は人が顔や年齢、性格などが違うように一つとして同じものはありません。様々なお客様がいらっしゃる中でそれぞれに合わせた対応をするのがこの仕事の大変な所でもあり、やりがいだと思います。また、お式には多くの方の手が関わりながら作っていくものですので、葬祭スタッフとしてだけでなく一人の人としても成長する事が出来ると思います。

【【入会してからの感想】】

当会に入会してから、今一番大変なことは運転練習です。
特に私は車庫入れが得意ではないのですが、時間のある時は先輩職員が敷地内で車庫入れの練習や、安全運転研修を行ってくれるので不安はありません。
また、葬儀の専門学校に通っていましたが、実際の現場では空気感や流れが違い、覚えることや学ぶことも多く大変ですが、やりがいを感じています。

先輩スタッフの1日

求人情報を見る