ホーム > 採用情報 > 葬祭事業 > 先輩スタッフの声

先輩スタッフの声

とても忘れられない、
お客様からの暖かい言葉。

葬祭スタッフ 道灌山会館

坪井 信勝

先輩スタッフにインタビュー

【今現在の仕事内容】

亡くなられた方を病院やご自宅等へお迎えに上がり、葬儀についてのお打合せ・ご相談から施行までが主な職務内容です。
現代では、昔からの風習に則った作法に加えて「その人らしさ」を大切にするオリジナリティを持った葬儀を希望される方が増えております。ご家族様との思い出を形にするメモリアルコーナーや故人様の人となりを反映した花祭壇の設営、故人様のお好きだった音楽で送る音楽葬等、お客様のご要望は多種多様です。
そのような中で私はお客様のお話をしっかりと受け止めながら、何より安心してお別れができる葬儀の実現を心掛けています。大切な方を亡くした方にとって、葬儀とは非日常の場です。お客様を支えフォローする細やかな心配りが必要ではありますが、全てを終えた時のお客様からの「ありがとう」の一言は、毎日の励みになります。

【東京福祉会に入職した理由】

私の就職活動は葬儀業界一本に絞ったもので、業界地図やインターネットを参考にして数社の説明会に参加して回っていた時期、通っていた大学に募集が掛かっていた唯一の葬儀社が東京福祉会でした。互助会でも株式会社でもなく「社会福祉法人」と紹介されており、「なんだか珍しいな、他とどう違うのかな」と思い、説明会に参加しました。
今まで参加した他社の説明会では社員の方が前に立ち、スピーチをするような形を取っていましたが、東京福祉会では参加者一人一人に語りかけるような、それでいて私たちのレスポンスをしっかりと受け止めてくれるような印象を持ちました。
理路整然とこの会社の成り立ちや業務内容をぼかすことなく話をしてくださり、「ここなら安心して働けそうだな」と感じ、無事にご縁を頂くことができました。

【印象に残っているエピソード】

葬儀担当者として職務に就いて間もない頃、火葬のみを行う「直葬」を希望されたお客様の担当に付かせて頂きました。私はまだまだビジネスマナーや葬儀のいろはを学んでいる最中だったので、打ち合わせやご案内において至らない部分が多くあり、お客様からは「もう一度ゆっくり説明して頂けますか」とお叱りを頂いてしまうほどでした。
大切な人を亡くされて深い悲しみの中にいるお客様にとって、新人担当者というのはとても頼りないものだっただろうと思います。しかし、火葬を終えて最後にお客様をお見送りする際、喪主様から「あなたのおかげで無事に終えられました。あなた達はとても尊いありがたいお仕事をしているのよ」と声を掛けて頂きました。
この経験はいつまでも色あせず、この仕事のやりがいと大切な事を教えてくれたように感じます。

【採用応募者に向けたメッセージ】

就職活動において、私は「飾らない自分」を出せるかどうかを意識して企業見学を行っておりました。面接でも体裁良く綺麗に飾った自分をアピールするのではなく、背伸びしない自分のまま本当に感じた事を話すように意識していました。
無理をすればすぐ見抜かれてしまいます。熱意があることはストレートに。わからないことは素直に。緊張する自分を隠す必要はないと思います。

先輩スタッフの1日

求人情報を見る